ビタミン注射を受けてみる

 

ビタミン注射

メリット

ビタミン注射って?ビタミンは野菜や果物などを使った
食事やサプリメントで摂取することが
一般的です。

しかし、ビタミンは基本的に熱などに弱く、
料理を作る時に加熱してしまうと栄養が
失われてしまいやすいという特徴のある
栄養素です。

効率的に摂取するには生のままで食べることが栄養を失わずに摂取する方法ですが、
生ではあまり量が食べられないというデメリットがあります。

サプリメントは毎日摂取することで効果を発揮しますが、毎日飲むのは
苦手という場合には、ビタミン注射によって摂取することがオススメです。

発揮する

ビタミン注射とは文字通り、ビタミンを注射で摂取する方法になります。
ビタミン注射で静脈に注射して直接栄養成分を注入することによって、
経口摂取するよりも効率的にビタミンを摂取することができるようになるとされています。

ビタミン注射によって血液に直接ビタミンを入れられられるため、ビタミンが効果的に
全身に巡るため様々な効果を期待することができます。

肌トラブル

ビタミンの種類や組み合わせによって効果に異なってきます。
具体的な効果としては、疲労回復や肌の炎症を抑えて粘膜を保護したり、
代謝を上げたりするため肌トラブルを防いだり、風邪の予防やストレス解消など
様々な効果があります。

また、血液を使って全身に行き渡らせることができるため
即効性があるのもメリットといえます。

効果が持続する期間は3〜4日程度で、最大で一週間程度と言われています。
効果を持続したい場合には週に一回程度定期的に行うことがオススメです。

 

サプリメントの利用に関するアンケート|効果を感じているのは全体の5割

2017年12月に『サプリメントの利用』についてのインターネット調査が、マイボイスコム株式会社によって行われました。

それによれば、サプリメントの利用経験者は6割強で、現在利用している人の割合は約35%。そして、利用者のうち、求める効果を感じている人は50.2%で、「どちらともいえない」と答えた人が38.4%です。ここから、効果に関しては半信半疑でありながら摂取自体は続けている人が比較的多くいることが読み取れます。

そもそもサプリメントとは、あくまで「健康食品」であって、「医薬品」とは違います。サプリメントを摂取することで体調が良くなったと実感する人がいるのは確かですが、それは、効くと信じて飲むことによる「プラシーボ効果」に過ぎないのかもしれません。

思い込みによる偽薬効果では、医学的に効果があったことを証明することにはならないのです。

サプリメントで摂取している成分・素材として、「ビタミンC」「ビタミンB群」が上位にあがっています。

ただ、サプリメントはあくまで栄養補助食品であることを忘れてはいけません。医学的な根拠のはっきりした効果を求めるなら、ビタミン注射の方が確実だということを覚えておきましょう。

Copyright(c) 2016 vitamin All Rights Reserved.