ビタミン注射を受けてみる

 

ビタミン注射

改善できる症状について

ビタミン注射って?ビタミン注射はビタミンを注射器で
注入し、様々な効果を得る治療法という
特徴があります。

得られる効果は注入するビタミンの種類に
よって変わる為、症状に合ったビタミンで
ビタミン注射を行う事が大切です。

ビタミン不足が引き起こす身体の不調は?皮膚炎や食欲不振も

ビタミンB1の欠乏症には脚気があります。
ひざ下を叩くと足が跳ね上がる腱反射が消失したり、ひどくなるとむくんだり
心臓が肥大したりといった症状が見られます。

糖質やアルコールを大量に摂る人や、激しい運動をしていて
エネルギー消費の多い人の中には潜在的な脚気の人が潜んでいる可能性があります。

ビタミンB2が不足すると、口角炎や口内炎、舌炎や皮膚炎を
引き起こしやすくなったり、眼精疲労になりやすいです。

ビタミンC欠乏症の代表的な疾患は壊血病です。
疲れやすくなったり、血管がもろくなって歯茎から出血したり
皮下出血が起きたりします。

子供の場合は、骨の発育不良なども見られます。
これは、ビタミンCは皮膚や腱や軟骨などを構成する
コラーゲンの合成に不可欠な栄養素だからです。

そして、体内で多くの化学反応に関与していて、鉄の吸収や
カルシウムの吸収を高める作用もあるので、ビタミンCが不足すると
他の栄養素にも影響が及んでしまします。

タバコを吸う人は、タバコ1本で1日に必要なビタミンCの
およそ半分が消費されてしまうので、非喫煙者の2倍以上の
ビタミンCが必要になります。

ビタミンEが不足すると、細胞膜の脂質が酸化します。
そのため、乳幼児などでは赤血球が壊れて、溶血性貧血を起こすことがあります。

動物の世界ではビタミンEの欠乏によって、不妊症や筋肉の萎縮が
起きることがわかっています。

バランス良く摂取できるビタミン注射

一般的にビタミン注射ではビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC・
ビタミンEといったビタミン類を治療に用いています。

ビタミンB1は糖のエネルギー代謝を活発にする作用がある事から、
疲労回復効果にとても効果的です。

回復

ビタミンB1を血管内に注入するとニンニクを食べた時のような臭いがする為、
ビタミンB1を注入するビタミン注射は、ニンニク注射とも言われる事があります。

ビタミンB2は肌や粘膜の代謝をアップする作用を持っています。
ニキビなど肌トラブルの改善に有効です。

ビタミンCは優れた抗酸化作用を持つビタミンですので、活性酸素対策や
免疫力アップといった働きが期待出来ます。

また、還元作用もあるのでシミやくすみ対策にも、ビタミンCを注入する事で得られます。

予防

この他にビタミンCはコラーゲンや
エラスチンといった、肌にハリや弾力をもたらす
物質の生成量を増加させる為、シワ・たるみを予防・
改善するケアとして、ビタミン注射で注入する事が
多いようです。

このように、ビタミン注射はビタミンによって、様々な効果を得られます。
クリニックによっては各種ビタミンをブレンドした、ビタミン注射を受けられる事が
あるようです。

一緒に各ビタミン類を注入するので、色々な効果を得やすく
一石二鳥の治療法と言われています。

Copyright(c) 2016 vitamin All Rights Reserved.